【横浜】中学校の給食が高級料亭並み!裏では深い闇がwww

横浜

横浜市の中学校は、給食がないことがご存知でしょうか?給食に代わる仕出しの弁当があるのですが、1食当たりの金額がとんでもない金額になっているのです!



横浜の中学生のお昼事情

中学生のお昼はお弁当!給食は存在しない

給食 弁当

全国の中でも、横浜の中学校の昼食事情はかなり特殊なのを知っていますか?

横浜の中学校では給食という制度は無く、基本的にはお家から弁当を持参します。家庭によっては弁当の持参が難しい場合は、事前予約制の仕出し弁当『ハマ弁を利用することになります。

朝忙しいお母さん方のことを考えると、給食なのが一番なのでしょう。ではなぜ『ハマ弁』なのでしょうか?そこには複雑ともいえる横浜市の食育に対する考え方があったのです!

横浜らしい中学校昼食のあり方~抜粋~

横浜らしい中学生の在り方において、

・一人ひとりの個性や違いに基づく「個に応じた食」の重要性を基礎
・自ら考え、判断・選択・行動し、社会を生き抜く総合的な力を、実際の食を通じて培うことが重要

家庭弁当を基本とする中で、個々に合わせた選択が可能となるため、すべての生徒に同一内容の昼食を提供する給食とならない。

横浜市3つの柱

<出典:【横浜市】横浜らしい中学校昼食のあり方」をまとめました

すごく理にかなっている感じがしますね。

ですがこのやり方は生徒ににとっては大きなメリットと思えますが、大人には辛すぎるデメリットがあったのです!

将来的に横浜市民の方はお財布が圧迫するかもしれないので、知っておいた方が良いです!

高級弁当ハマ弁?1食当たりの金額がヤバイ

ハマ弁『1食当たり6300円なり』

ハマ弁

<出典:ハマ弁ホームページ

実はハマ弁1食当たりにかかるお金が6300円を超えることが話題になっている。6000円超えるお弁当という響きは何とも高級感がありそうですが、そうではないんです。

この問題を指摘したのは横浜市議会議員「井上さくら」議員で、注文数4万7000食に対し、市の補助金が3億円が使われている。

3億円÷47000食=約6300円

3億円は100%お弁当に使われてないと思いますが、響きは高級弁当に聞こえますね。

6300円の中学生のお弁当とは・・・

6300円の弁当

<出典:痛いニュース2ちゃんねる

『横浜』と言われたら港町のイメージをしますが、さすがにこのお弁当に6300円と考えると、いろいろ見直してほしい部分を考えさせられますね(;^_^A

このお弁、横浜市の中学生全体の何パーセント食べていると思いますか?

横浜市では喫食率20%を掲げているそうですが、実際は約1.3%だそうです。

横浜の中学生のお弁当事情は複雑な事情が絡み合ってますね・・・・w

ネットの反応

・マージンが5000円なのかな?

・不味そうなのが一番イラッとくるw

・どこに金が流れてるんだろうね

・どう考えても6000円な訳ないだろ

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

よかったらほかの記事も読んでみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする