ツーリング初心者の君へ!準備すべき荷物おすすめ8選を紹介

荷物

初めてのバイクを買って、憧れのツーリングに行こうと思うけど、何を持って行ったらいいか分からない。自分で考えると荷物が多くなってしまうあなたに、ツーリングで準備すべき荷物を紹介します!



1.ツーリングの荷物は目的に合わせてチョイス

キャンプツーリングなのにテントが無いとかおかしいでしょ?

ツーリングというのは必ず目的があります。

・キャンプツーリング

・ソロツーリング

・観光地を巡るツーリング

・グルメツーリング

・峠を走るツーリング

こんな感じでツーリングと言ってもそれぞれ目的が違いますね。

今回は、すべてのツーリングに共通して持っていく持ち物を紹介していきます。

持ち物の選び方も説明していくので、慣れてきたら自分なりにアレンジしていってください!

2.ツーリングで絶対に持っていく荷物

2-1.ヘルメット

バイク用のヘルメットを必ず着用してください。

自転車用の物があるから・・・といって用途の違うヘルメットはを使うのはダメです。

バイクではいつどんな時に事故があるか分かりません。もしかしたら後ろの車から突っ込まれることだってあり得ます。

万が一の時に自分の身を守るためにヘルメットは着用しましょう。

乗るバイクによってヘルメットタイプを変える方がいますが、安全面を考えるなら顔全体が覆える「フルフェイスタイプ」がおすすめです。

1万を切るような安すぎるメーカーの物は少々不安ですので、選ぶのであれば

・Arai

・SHOEI

・Kabuto

で価格は3万~5万円くらいの物が良いです。

メーカーで販売されているものは、公道走行用のヘルメット。

SGマーク・PSCマークに適合した物が販売されているので安心です。

2-2.グローブ

バイクで転んだとき、一番最初に地面につくのは「手」だと言われています。

人は反射的に、転ばないようにするために手をつく修正があるそうです。バイクに乗っていて転倒したら際に手をついたら大怪我ものです。

少しでも身を守れるようにグローブの着用をしましょう。

夏場の暑い時期とかにはグローブはしたくないと思いますが、季節ごとに専用のグローブが出ています。夏用と冬用で1セットずつそろえておきたいです。

グローブの選び方コツとしては、バイク用品店「ナップス」「2りん館」などで実際に着用してみるのが良いです。

性能面では、グーパーしてみて

・握りやすいか

・防水・防風対策されているか

・プロテクターがついているか

・バイクとの色合いがマッチするか

総合的に判断して気に入ったものを選ぶと良いです。

価格は3000円~5000円くらいのものが良いでしょう。

2-3.ライディングジャケット

ライディングジャケットは怪我だけでなく、バイクの運転疲れを軽減させてくれます。 

バイクで走行していると風を必ず受けます。普段来ている上着だけだと、生地の隙間から風を通し、意外と寒かったりもします。洋服が風でバタついて体に抵抗を感じるので、バイクを運転していると余計疲れてしまうんです。

ライディングジャケットは、背中や肘に専用のパッドが入っていてバイク転倒時の怪我の対策が出来るだけでなく防風対策されています。

ツーリングの際は必ず1着持っておくことをおすすめします。

ライディングジャケットを選ぶポイントは、

・試着して動きやすいか

・防風・防水対策がされているか

・背中と肘の部分にパットが入っているか

です。値段は1万~4万くらいのものが良いでしょう。

2-4.車載書類一式

車載書類がないとツーリング先で警察に止められたとき疑われます。

バイクに必ず車載しておかなくてはいけない書類は

・自動車検査証(登録証、標識交付証明書)

・自賠責保険証明書

※コピー不可です

この2つです。

万が一、スピード違反で捕まったときに、警察から車検証の提示を言われたときに出せないと、盗難車両として疑われる可能性があります。

バイク購入時に受け取った書類は必ず持っていくようにするか、バイクのシート下の隙間に入れておきましょう。

2-5.保険証

怪我や体調が悪くなった時に必要になります。

必要な保険証証は

・健康保険証

・バイクの任意保険証

健康保険証はツーリング先で病院に行くことになったときに3割負担で診療を受けることができます。他県でも使えるので必ず持っていきましょう。

バイクの任意保険に関しては事故を起こした時に必要になります。

任意保険は送られてきた証書に、小さく切り離して持っていける部分があると思います。

この二つを財布に入れておくとツーリングで万が一何かがあったときに安心です。

2-6.レインウェア

思わぬ雨が降ってきたときにの為に持っていくと良いです。

ツーリングルートで山道や峠を通ったりすると、天気が急変して雨に襲われることがあります。天気予報で雨は降らないと思っていても、念のため持っていくと重宝します。

山道は市街地に比べ気温が下がることが多いです。

合羽を着ると風を通さなくなるので、防寒対策としても使えたりするのでおすすめです。

3.コレがあるとツーリングが楽しくなる持ち物!

3-1.GoPro

GoProはモトブロガーの必需品です!

ツーリングの楽しかった思い出は、バイク仲間と共有したいですよね。

撮影用の機材でツーリング風景を撮影するメリットとして、

・ツーリングに行かない人も、ツーリングしているような感覚に慣れる。

・自分で感じたワクワクを共有して盛り上がれる!

・知らなかった素敵なお店を見つけられるです。

カメラを取り付けるアングルを変えるとテレビCMのような大迫力の映像も取れたりしますので、ツーリングに慣れてきたらやってみてください。

3-2.インカム

2人以上でツーリングに行くときは、インカムがあると便利です 

バイクを運転しながらだと誰かと話すのが難しいです。

信号待にならない限り誰かと話すことはないでしょう。

そんな時に役立つのが「インカム」というものになります。

インカムを付けることで周りのライダーと通話を楽しみながらツーリングできます。道に迷ったときや、道案内を受けるときに非常に役立ちます。

バイクでのツーリングをより楽しみたいのであれば、「インカム」の導入はおすすめです!

4.まとめ

ツーリングに行く際に必ず必要な荷物と選び方について紹介してきました。走ることに慣れてきたら、インカムなどの道具もそろえて、より楽しいツーリングが楽しめると良いですね!

それでは、事故の無い楽しいバイクライフを!♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする