【役立ち】賞味期限「3分の1ルール」を知らないとヤバイ・・・

賞味期限HOME

賞味期限切れてるけど、消費期限じゃないから大丈夫と思っていませんか?実は賞味期限には「3分の1ルール」があり、これを知らないととんでもないことに!3分の1ルールとは一体・・・

 

スポンサーリンク

賞味期限は切れても大丈夫?

賞味期限

スーパーで食品を買うと大体のものには「賞味期限」「消費期限」が記載されています。

おそらくあなたの認識は、

「賞味期限」期限内なら美味しく食べられる。

「消費期限」期限過ぎたらヤバイ。お腹壊すから捨てる。

といった感覚ではないでしょうか?

 

賞味期限は切れたものを食べても大丈夫なのでしょうか?

 

農林水産省によると

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。スナック菓子、カップめん、チーズ、かんづめ、ペットボトル飲料など、消費期限に比べ、いたみにくい食品に表示されています(作ってから3ヶ月以上もつものは「年月」で表示することもあります)。この期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。色やにおい、味などをチェックして異常がなければ、まだ食べることができます。もし、賞味期限が過ぎた食品があったら、大人の方とそうだんしてから食べましょう。
食品は表示されている保存方法を守って保存しておくことが大切です。ただし、一度開けてしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。

<出典:農林水産省

「腐りにくいから、自己判断で食べれる食べれないを判断してください」

とのこと。

 

しかし賞味期限の裏側には、ほとんどの人が知らない「3分の1ルール」というものが隠れています。

これを知ると、あなたの賞味期限に対する考えが変わるでしょう。

一体「3分の1ルール」とは何なんでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

3分の1ルールとは・・・?

3分の1ルール

小売店などが設定するメーカーからの納品期限及び店頭での販売期限は、製造日から賞味期限までの期間を概ね3等分して商慣習として設定される。

<出典:消費者庁 納品見直しパイロットプロジェクト

賞味期限が6ヶ月の場合、製造日は賞味期限の6カ月前という事になります。

逆に考えると、

賞味期限ぎりぎりの食品を見つけて、まだいける。(半年前に作られたものだけど)

と思えますか?

 

賞味期限も安易に食べれると判断せずに、未開封なら商品の状態を見極めてから食ベましょう・・・^^;

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

賞味期限が切れても食べるときは慎重になりましょうね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

是非、他の記事も読んでみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました