【恐怖】大杉 漣を襲った急性心不全とは・・・番組どうなる?

オンエア

先日21日、俳優の大杉 漣さんがドラマの撮影後「急性心不全」でこの世を旅立たれました。

大杉さんを襲った「急性心不全」とは何なのか。

担当されていた番組の後任は



大杉漣プロフィール

大杉漣さん21日逝去されましたこと、謹んでご冥福お祈りいたします。

大杉 漣

<出典:ENDIA

本名  :大杉 孝(おおすぎ たかし)

生年月日:1951年9月27日

没年月日:2018年2月21日(享年66歳)

出身地 :徳島県 小松島市

事務所 :ZACCO

出演作品:「アウトレイジ」「ぐるナイ」「バイプレーヤーズ」

大杉さんの出演作品は任侠映画に出演していたこともあり、怖い人というイメージの人も多いはず。

最近では、「ぐるナイ」などのバラエティ番組にも出演し、優しい1面をを見ることが多くなりました。

橋本環奈さんが「ぐるナイ ゴチになります」の新メンバーで登場した回では、サラッと自分の事レンレンと言っているやりとりを見て、すごくほほえましかったです。

急性心不全とは

心臓

大杉さんは20日に「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東 朝ドラで無人島生活したら~」のロケに参加されていたそうです。

その日のロケを終えて、関係者の方たちと食事を終え、宿泊先のホテルに戻る際に腹痛を訴えたそうです。

その時の腹痛が心不全の予兆だったのでしょうか?

心不全とは・・・

心不全とは、心臓のポンプとしての働きが低下して、全身の臓器に必要な血液量を送ることができなくなった状態をいいます。心不全は一つの疾患ではありません。心臓のさまざまな疾患(虚血性心疾患、心筋症、弁膜症など)が最終的に至る症候群を意味します。心臓のポンプ機能が低下すると、心臓だけでなく全身にいろいろな症状が現れます。

<出典:公益財団法人 日本心臓財団

心不全の症状は・・・

心不全の代表的な自覚症状は、動悸や息切れ、呼吸困難、むくみです。最初は坂道や階段を上る時に動悸や息切れが起こり、病状が進行すると平地を歩いても息苦しくなります。さらに進むと、夜、床につくと咳が出たり、息苦しさで寝られなくなったりします。また足にむくみが出ることもあります。

<出典:公益財団法人 日本心臓財団

報道だけの情報では、不足しておりわかりかねますね。

大杉さんの多忙なスケジュールと思わぬ不幸が重なってしまったのかもしれませんね。

番組はどうなる?

大杉漣さん訃報に伴い各番組放送については、検討中というところが多いようです。

・バイプレーヤーズ

2月21日(第3話)につきましては、ご遺族、事務所、キャストの皆様のご意向もあり、予定通り放送いたします。

2月28日(第4話)、3月7日(第5話・最終回)の放送については現在検討中です。

・大杉漣の漣ぽっ

今後の「大杉漣の漣ぽっ」の放送に関しまして、3月3日(土)に放送を予定しておりました「鎌倉編スペシャル」は2月25日(日)14:00より放送致します。 pic.twitter.com/k19RofOVTA

— 大杉漣の漣ぽっ (@renpobsfuji) 2018年2月22日

・ぐるぐるナインティナイン

大杉漣さん出演『ぐるナイ』あす予定通り放送へ – 最後の出演に #大杉漣さん#大杉漣#ぐるナイ#ゴチhttps://t.co/xIjBYLkrSv

— 【公式】エンタメ@マイナビニュース (@mn_enta) 2018年2月21日

大杉さんの活躍を楽しみにしていた一人として、今後姿が見られないというのは悲しいです。。。

まとめ

大杉さんの情報に関しては以上になります。

突然のこともあり、日本中の人が混乱したことと思います。

大杉さん、謹んでご冥福をお祈りいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければそのほかの記事もご覧ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする