大型バイクと中型バイクのメリット・デメリットを紹介

ツーリング大型バイク (401cc~)

バイクに乗りたい!そう思ったけど、ふと考えてみると大型と中型バイクどっちに乗ったらいいか分からない。バイクによってメリット・デメリットがありますのので、バイク選びの参考にしてみてください!

スポンサーリンク

1.大型バイクのメリットとデメリット

疑問

大型自動二輪免許を持っていると、排気量無制限ですべてのバイクに乗れる事になります。

なので大型の免許を取って、バイクを選んだ方がいいんじゃないかと思うかもしれませんが、私はおすすめしません。

バイクにもメリットとデメリットがあります。

知らないでバイクを購入してしまうと、

「あれ、こんなハズじゃなかったのに・・・」

「こんなの、自分じゃ乗りこなせない!」

なんていう残念な結果になってしまいます。

そうならないために、大型バイクと中型バイクのメリット・デメリットを紹介していきます。

1-1.大型バイクのメリット

バイク

メリットその1:加速性能

大型バイクの魅力は何といっても加速性能です。

車種によっては1000ccを超える排気量のもあり、エンジン出力もトップクラスのバイクになります。

加速性と同時にパワーもあり、中型バイクでシフトダウンして上っていた坂道も、大型バイクではストレスなく上ることができます!

加速性能で選ぶなら、大型バイクは外せません。

メリットその2:車格が大きい

車格が大きいのはメリットであり、デメリットにもなります。

ここではメリットの方を紹介します。

車格が大きいと良い事は、高速走行が安定することです。

車格が大きいことで、車重が増します。

高速走行した際にしっかりと地についている感覚で、バランスが取りやすく走行が安定します。また、バイクの積載面積も増えますので、荷物を多く積んでも安定します。

ソロツーリングでキャンプに行くならしっかりと荷物が詰めるので、大型バイクはおすすめです。

メリットその3:絵になる

バイク

大型バイクに乗る姿はまさしく絵になります。

大きいバイクを乗る姿は優雅で、かつワイルドな感じになると、自分では勝手にそう思っています。言い換えるとファンタジーに出てくるドラゴンに乗って旅をする見たな感じでしょうか。

それゆえバイクに対して愛着が湧いてきて、最高の旅の相棒となります!

メリットその4:中古車でも状態が良いバイクが多い

中古車両を見ていると、中型バイクに比べて状態が良いモノが多い気がします。

バイクは移動手段か趣味で乗る人が多いです。中でも大型バイクは趣味で乗る人が多く、年齢層も割と高めかと思います。

そのため、若者のようなアクセル全開でぶっ飛ばす乗り方をするのではなく、ドライブ感覚で乗るため、中古で並ぶ大型バイクは状態が良いモノを目にします。

車両価格を抑えて、良い中古車に乗るなら大型バイクは良いですね。

1-2.大型バイクのデメリット

デメリットその1:車両価格が高い

衝撃

車種にもよるので一概には言えませんが、中古車で状態が良くても、中型バイクに比べると車両価格はやや高いです。

私の感覚で、安くても40万~くらいが相場かと思います。

車種によっては中古車で100万を超えるものもゴロゴロありますが・・・

若い人にはちょっと手が出しずらい価格帯ではあります。

デメリットその2:車格が大きい

「車格が大きい」のデメリット部分になります。大型バイクは、低速時のハンドル操作やエンジンを停めて押すのが超大変です。

KawasakiのZX-14Rなんかのどビックサイズになると、エンジンかけてバイクを移動させるくらいです。

バランスを崩して立ちゴケしようものなら、立て直すのはほぼ不可能でしょう。

タンク凹みやクラッチレバーの折れたりするのは、避けられないですね。

その点で大型バイクの車格は、大きなデメリットとなります。

デメリットその3:維持費が高い

中型バイクに比べ、大型バイクの維持費は高いです。

維持費の高い要因は・・・

・車検

・税金

・タイヤ代「中型バイクより太いタイヤになるため」

・保険

主にこの4つですね。

これにガソリン代・駐車場代なんか入れて、約20万くらいを見積もっておいた方が良いです。

車より安い維持費ではありますが、大型バイクの維持も馬鹿にならないですね・・・(;´・ω・)

1-3.大型バイクはこんな人向け

仲間

大型バイクはお金に余裕があるバイク好きの人向け!

大型バイクの性能に関して言えば、申し分のないバイクだと思います。

ただいかんせん、維持費が高い。

維持費が高いという理由でバイクを降りる人は少なくありません。

私がCBR1000RRという大型バイクに乗ってて良いと思ったのは、「ただカッコイイという憧れだけで乗り始めました。」維持費もバイクの為ならと思い、惜しみなくお金を使いました。

今ではお金に換えがたい「経験」と「思い出」をCBRからもらいました。

バイクとは趣味の乗り物と思われがちですが、あなたが乗りたいという強い意志があるのならば、是非挑戦をおすすめします!

スポンサーリンク

2.中型バイクのメリットとデメリット

400cc・250ccバイクに乗る!中型免許の条件・取り方を紹介
400cc未満のバイクに乗れるようになる中型免許。小型自動二輪免許や原付免許とは勝手が違い、乗れる車種や条件が大幅に変わります。中型免許の取得を考えている人向けに、免許の取り方について紹介していきます。

2-1.中型バイクのメリット

CB400SF

メリットその1:車格とパワーのバランスがちょうどいい

中型バイクは一般道・高速道路走るにしてもちょうどいいパワーです。

400ccクラスのバイクになれば加速も申し分なく、車の流れについていくことができます。一般道でも同じですね。

250cc未満のバイクになると、高速は少し頼りないですが、一般道は問題なくついていけます。

中型バイクで大きいメリットが、立ちゴケしそうになっても、立て直せる可能性があること!

車格もバイクらしい大きさであるので、乗っている感じがあり、ビックスクーターになると収納もかなりあるので、中型でも十分楽しめますよ!

メリットその2:取り回しが楽チン

大型バイクに比べ車格が小さい分取り回しがしやすいです。

エンジンを切って手押ししても、重さは感じますが大型ほどではありません。バイクの引き起こしも、大型ほど苦労することは無いかと思います。

大型バイクの取り回しに不安がある人は、中型バイクから始めるのをおすすめします。

メリットその3:維持費が安い

中型バイクのポイントは維持費が安い事です。

400ccクラスの中型バイクになると、車検も入るので少し負担が増えますが、大型ほどにはなりません。

250cc未満の中型バイクは、車検が無いので経済面でゆとりができますね。

中型バイクは高速にも乗れるので、機動力はトップクラスかと思います。

2-2.中型バイクのデメリット

デメリットその1:車検がある

250cc以上の中型バイクは車検があるところです。

250cc未満の中型バイクに車検の義務はありませんが、250cc以上400未満の中型バイクには車検の義務があります。

交換するパーツの数によっては、大型バイクよりも車検費用が高くつく可能性もあるので、車検があるのはデメリットになりますね。

デメリットその2:中古車のハズレを引く確率が高い

リストラ

中古車は気を付けて選ばないとハズレを引きます。

私は一回だけ安いバイクに手を出したことがあるのですが、それはひどいものでした・・・。

納車整備が終わって乗って帰ってきたら、リアサスからオイル漏れしてるし、ステアリング部分に入っているペアリングは錆びててハンドル硬かったしでハズレを引きました。

(お店に言って修理してもらいましたが・・・w)

中型バイクは、比較的若い世代で乗る人が多いです。また、大型バイクに比べてアクセルを空けすぎてもスピードが出にくい事から無理な運転する人が多く、中古バイクの状態にばらつきがあります。

中古で中型バイクを乗ろうと考えている人は、信頼できるお店でそれなりの金額のするバイクの購入をおすすめします。

デメリットその3:車体の軽さ

中型バイクの車体の軽さはデメリットになります。

車体の軽さは取り回しのしやすさにつながるので、メリットだと思いますが、デメリットにもなります。

すべてのバイクは、真横からの風の影響を受けると、煽られやすい特徴があります。

中でも250cc未満の中型バイクは高速道路を走れるので、風の影響を受けやすく、車体が軽いので高速走行でのバランス取りに注意が必要になってきます。

デメリットその4:車載には注意が必要

キャンプツーリング等の多くの荷物を積むのには注意が必要です。

バイクの車格が大型バイクに比べ小さくなり、積載する荷物の量が多いほど、ロープでの固定の仕方に注意した方が良いです。

荷物が多くなるほど、バイクの安定性が悪くなっていくので、運転にも支障をきたす恐れがあります。

2-3.中型バイクはこんな人向け

中型バイク

中型バイクは、初めてバイクに乗ろうと思う人におすすめです。

大型バイクにあこがれを持つ気持ちも分かりますが、私は中型バイクから入ることをおすすめします。

中型バイクは日常の移動手段としても使いやすく、大型バイクよりも機動力があると思っています。高速道路にも乗れるようになるので、ツーリングにもちょうどいいです。

初めてバイクに乗る人や女性ライダーの方には、まず中型バイクから感覚をつかんでもらって、大型バイクに挑戦するという選択肢も有りかと思います!

スポンサーリンク

3.まとめ

大型バイク

・パワーと加速性能はトップクラス!

・乗ってて絵になる。カッコいいw

・車格が大きく高速走行は安定するけど、取り回しが大変。

・維持費がとにかく高い。

・中古でも当たりを引く確率が高い。

中型バイク

・維持費が大型バイクより掛からない。

・車格や車重、パワーバランスがちょうど良い。

・取り回しは楽だけど、高速走行が少し不安定。

・中古バイクを買う時は注意が必要!

大型バイクと中型バイクのメリット・デメリットについて紹介してきました。

これからバイクを買おうと思っている人。これから免許を取ろうと思っている人への参考になればと思います。

乗るバイクの車種によっても乗りやすさは変わってきますので、バイク選びには自分の気に入った一台を全力で探してみてください。

それでは、事故の無い楽しいバイクライフを!♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました