【解説】バイク免許の種類や費用、排気量の違い徹底解説します!

バイク免許

バイクの免許は全部で7種類あります。乗りたいバイクにはどの免許が必要なのか、免許取得に必要な条件は何かも合わせて解説していきます。

 

スポンサーリンク

1.バイク免許の種類は全部で7種類

・原付免許

・普通自動二輪小型限定免許

・AT限定小型限定免許

・普通自動二輪免許

・AT限定普通自動二輪免許

・大型自動二輪免許

・AT限定大型自動二輪免許

になります。

それぞれ条件が異なりますので詳しく紹介していきます。

 

1-1.原付免許

乗れる原付バイクの種類 例

・NSR50(50ccバイク MT)

NSR50

<出典:Honda製品アーカイブ

・ビーノ(50ccバイク オートマAT)

ビーノ

<出典:Webike

排気量:50cc以下

免許取得費用:約8,000円~

取得可能年齢:16歳以上

軽自動車税:2,000円

自賠責保険:約7,500円~

ガソリン代:約800~円(1回あたり)

 

メリット

・特に教習所に通う必要はなく、運転免許センターにいって筆記試験を合格すれば取得可能。

・原付バイクにもオートマ(AT)とマニュアル(MT)車がありますが、免許の区分が無い。

・自宅から半径10km圏内くらいの移動であれば便利です。

・駐輪場も自転車と同じところに止められることが多く、駐輪場代が安く済むところ!

・車の免許(普通自動車免許)を持っていればバイクに乗れる。

 

デメリット

制限速度30km/hであること

・右折レーンを含む3車線以上の交差点で2段階右折が必要になる。

・車の流れについていこうとスピードを出し過ぎると、警察に取り締まられやすい。

 

一長一短ありますが、お金はかかるけど、ちょっとした移動には便利な乗り物という感覚でしょう。

 

 

1-2.普通自動二輪小型限定免許・AT限定小型運転免許

乗れるバイク例

・グロム

グロム

<出典:HONDA

 

・シグナスSR

シグナスSR

<出典:YAMAHA

排気量:125cc以下

教習所費用相場:約180,000円~

取得可能年齢:16歳以上

軽自動車税:2,000円~2,400円

自賠責保険:約7,500円~

ガソリン代:約1,000~円(1回あたり)

 

メリット

・バイク速度が60km/hまで出せる。

・バイクの2人乗りが可能

・原付よりもバイクの車体が一回り大きくなるため、安定感が出る。

・バイク2段階右折の制限がなくなる。

 

デメリット

・教習所に通う必要がある。教習費用が掛かる。

・AT・MTの区別がある。

・バイクで高速道路に乗れない。

・乗れるバイクの排気量が125ccまでのため、長距離ツーリングには厳しいです。

 

車と一緒に原付バイクを持つのであれば最高だと私は思っています。バイク維持費も、原付を持っているのとさほど変わらないのでオススメです。

普通自動二輪(~400cc)までのバイクが乗りたいと思ったときは限定解除という方法になるので、教習所に行くとなったとき費用を抑えられます!

 

 

 

1-3.普通自動二輪免許・AT限定普通自動二輪免許

乗れるバイク例

・CB400SF

CB400SF

<出典:HONDA

・フォルツァX

フォルツァ

<出典:グーバイク

排気量:~400cc

教習所費用相場:約205,000円~

取得可能年齢:16歳以上

重量税:4,900円

軽自動車税:2,400円~6,000円

自賠責保険:約8,650円~

ガソリン代:約2,500~円(1回あたり)

 

メリット

・2人乗りが可能

高速道路に乗れるようになる

長距離ツーリングをこなせる

 

デメリット

・教習所に通わなくてはならない。

バイクの購入価格が高い

・125ccとは違い車体が大きく重くなるため、取り回しが難しくなる。

250ccを超えるバイクには車検を受けなくてはならなくなる。

 

125ccとは違い100km/hを出せるパワーを有します。AT・MT車のラインナップも豊富でTHEバイクというバイクに乗ることができます。

車体の大きさも125ccバイクとは違い重くなるので、取り回しに苦労するかもしれませんが、乗りこなせた時の感動は大きいです!

 

 

1-4.大型自動二輪車・AT限定大型自動二輪免許

乗れるバイク例

・ZX-14R

ZX14R

<出典:BRIGHT

 

・TMAX530

TMAX

<出典:YAMAHA

排気量:無制限(※ただしAT限定大型自動二輪免許は~650ccオートマチック車に限る)

費用:約285,000円~

取得可能年齢:18歳以上

重量税:1,900円~

軽自動車税:6,000円

自賠責保険:約8,290円~

ガソリン代:3,000~円(1回あたり)

 

メリット

・2人乗りが可能

普通自動二輪車よりも大きい車体になるため高速走行が安定する

・普通自動二輪車に比べて車両パワーが大きい。100km/hはストレスなくスピードが出る。

長距離ツーリングはもちろんのこと、1人キャンプぐらいの道具は積めます。

 

デメリット

・教習所に通わなくてはならない。

・バイクの購入価格が高い。

免許取得に掛かる費用が高い

スピードが簡単に出せるため取り扱いを間違えると危険

・車重が重いため取り回しが大変。

車検を受ける必要がある。

 

大人の憧れともいえる大型バイク。パワー・スピードはトップクラス。その分、高い運転スキルとマナーが求められます。

教習内容も普通自動二輪の時とは難しくなっており、いきなり挑戦するのはオススメしませんが、バイク乗りの最終目標ともいえる免許ですね!

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。販売されているバイクには様々な排気量があるため、乗りたいバイクを購入しても取得する免許が違ったら余計なお金と時間がかかってしまいます。

自分に合った免許の選択と楽しいバイクライフを送ってください!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

是非ほかの記事も読んでみてください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

  1. […] 【解説】バイクの免許の種類や費用、排気量の違い徹底解説します! […]

タイトルとURLをコピーしました