【衝撃】中国で私の個人情報が販売されてるんだけどwww

パソコンHOME

ネットを通じて買い物をしたり、ゲームをしたり便利ですよね。実はあなたが入力した個人情報が中国で販売されているかもしれないのです!驚くべき内容がこちら

 

 

 

スポンサーリンク

個人情報を入力する場面は様々

パソコン

楽天やYahooといったインターネットサイトで買い物をすることってありますよね。

 

大手企業ならそれなりの個人情報保護セキュリティーを高めていると思われますが、それ以外の企業だったらどうでしょう。

 

例えばインターネット上で見る広告の通信販売!

 

名前を知らない企業でも、商品が凄く魅力的に感じることってありませんか?

 

実際に購入して商品もちゃんと届くし、問題なく使える。

 

その時あなたは「この会社は良い商品を扱う会社だった。」と無意識に頭にインプットされます。

 

そして、商品を購入して数カ月、、数年した頃に身に覚えのない会社から電話で、商品の案内をされたりされます。

 

この時、「なんでウチの電話番号を知っているんだろう」と思ったことはありませんか?

 

実は個人情報がインターネットで流れているかもしれないのです。

 

ファイア・アイ

<出典:Fire Eye

セキュリティ企業ファイア・アイが「中国闇サイトによる日本人の個人情報、大量販売」の調査結果について発表しました。

個人情報流出

<出典:ITmediaビジネスオンライン

約2億件の個人情報が公開されていたそうで、中では同一情報と思われるものもあるようで、被害人数は2億人いかであると思われます。

 

それにしても、こんな発表を聞かされると驚きますね(;^_^A

 

気になる個人情報の流出元は、小売や食品、飲料、金融、エンターテインメント、交通だそうです。

 

インターネットに限らず、私たちの私生活の中のものすべてが流出元となると、一層怖い世の中ですね・・・。

 

敏感な人は、この記事を読んだだけで発狂してしまいそうですね。

 

次に、個人情報漏洩被害に遭わないようにするために、最低限注意すべきことを書いていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

個人情報被害から身を守る!最低限すべきこと

1.占いサイトや診断サイト

占い

年齢問わず、自分のことを専門に見てもらえるとあると興味が惹かれますよね。

 

インターネットで運勢や動物、芸能人診断なるものが多く取り上げられています。

 

実はこれが危険!

 

簡単かつすぐに診断結果がでるものだからこそ、個人情報を簡単に抜き取られてしまいます。

 

どうしても気になる人は、実際にお店に行って診て占ってもらうのが良いと思います。

 

インターネットの診断系はホントに安易にやらない方が良いです。

 

(※私はインターネットという不確定要素満載で何を見て占っているのか分からないため、絶対にやりません笑)

 

2.身に覚えのない会社から商品の案内の電話が来たら・・・

見知らぬ電話

私は電話がキライなので、こうゆう電話が来ると凄く不愉快ですね。

 

ここで大事なのは、こっちから相手の身元をはっきりさせたほうが良いです。

 

相手の会社名・勧められた商品・担当者の名前・電話番号。

 

ある程度情報があれば、インターネットで検索するだけで企業の口コミが出てきます。

 

私はいつもこれで判断しています。

 

それでも不安な場合は、警察に届け出るのが一番でしょう。

 

3.インターネットの情報を守るには?

情報

アカウントによっては、口座の登録やクレジット情報を登録しているアカウント有りますよね?

 

こまめにパスワードを変えておくことをお勧めします。

 

自分がわからくなってしまっては元も子もないですが、、、

 

あとはクレジット情報は抜かれると本当に怖いので、登録するサイトを選びましょう。

 

ページにhttps:のSがついているかとついていないかでは大きな違いがあります。

 

SはセキュリティのS。保護されているかされていないかですからね。

 

ここは絶対に確認してから入力した方がいいです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

情報が漏洩するとこんなに怖いんだという事。インターネットの世界では、私たち一人ひとりが自らの身を守る最善の努力をしなくてはいけないことを感じてもらえればと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

よかったらほかの記事も読んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました