豪雨の中、愛車の水没を回避!この発想はなかった予想外の方法とは?

平成30年7月豪雨で西日本は壊滅的な被害を受けて、多くの家や車が流されてしまいました。そんな中Twitterでは奇跡的に水没を免れた1台の車が話題に!その予想外の水没回避方法とはいったい・・・



平成30年7月豪雨の被害

平成30年7月豪雨

<出典:時事通信社

6月28日から西日本を中心に降りはじめた雨は、平成の中でも最大級の被害をもたらしました。

豪雨の被害状況は総務省消防庁の資料によると、

被災地域:岐阜県 京都府 兵庫県 和歌山県 岡山県 広島県 愛媛県 高知県 福岡県※西日本における床下浸水100棟以上の県

人的被害

死者:122人

行方不明者:27人

負傷者:120人

避難指示

・緊急避難指示

13府県 約320,000世帯 約720,000人

・避難勧告

8府県 約102,000世帯 約220,000人

<出典:消防庁対策本部 資料より抜粋

豪雨で地盤の緩みによる土砂滑り。豪雨で河川の増水による氾濫が主な要因でしょう。

特に河川の状況を見に行かれたと思われる高齢者の方の行方不明と土砂のに巻き込まれて亡くなられる方の報告が多かったです。

まだまだ地盤が緩んでいるところが多数あると思います。山間や河川に近づくときは十分に注意してください。

また、救助に当たっている方々も頑張ってほしい思いです。

関連記事;【知ってほしい】被災地を助けたい。あなたにできる2つの被災地支援!

ニュースでも多くの映像が流れていて、被害は深刻なものだと思っているでしょう。そんな中、暗い気持ちを吹き飛ばす1枚の写真が話題を呼んでいます。

水没しそうな車が奇跡的に回避したそうなのですが、その方法が誰も思いもしなかった方法だったのです!その方法とはいったい・・・

車水没しそう・・・そうだ持ち上げよう!

なんとフォークリフトで車を持ち上げて見事水没を回避したのです!しかしながらフォークリフトはタイヤの半分以上まで水に浸かってしまっています。

出来ればフォークリフトも助かってほしいですね・・・^^;

投稿主によると会社の社長さんが気を利かせて水没する前に、車を持ち上げといてくれたそうです。

まさに半端ない神対応ですね!

ネットの声

・1家に1台フォークリフトだなw

・社長マジで神対応だな!

・ごめん。笑ってしまった。

豪雨の中、社長さんも気が気じゃなかったでしょうに、すごい起点を利かせた対応に持ち主と投稿を見た人から賞賛の声がw

こんな話題で少しでも気持ちが和らいでくれるといいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

是非ほかの記事も読んでみてください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする