「はじめしゃちょー」圧倒的自由人!ユーチューバーの哲学が凄い!

はじめしゃちょー

YouTuberの始まりとも言える「はじめしゃちょー」。彼が語るYouTuberを目指すきっかけとなった事件は意外な一件からだった!



圧倒的カリスマ!「はじめしゃちょー」とは

「はじめしゃちょー」のプロフィール

YouTuberのカリスマ的存在である「はじめしゃちょー」。若い人から圧倒的支持率は安倍内閣支持率を上回るほどの人気なのではないでしょうかw

はじめしゃちょー

<出典:UUUM(ウーム)

本名:元(名字は非公開)

生年月日:1993年2月14日

出身地:富山県砺波市(実家)

出身大学:静岡大学

職業:YouTuber

YouTube登録者数:約630万人

モットー:「自由」

<出典:Wikipedia

今ではトップYouTuberとして走り続けているはじめしゃちょーだが、人気過ぎる故に住んでいる場所を視聴者に特定されてしまい、家まで押しかけてくるといったことがあるそうです。

そのため、引っ越しした回数も数知れないだとか・・・

さすがトップYouTuberですね。引っ越しを簡単にできるくらいの年収は、はかり知れませんが、彼は初めから人気であったというわけではなく、YouTuberになる前の過去でも

苦労があったことから今があるようです。

はじめしゃちょーの過去とはいったい・・・?

「はじめしゃちょー」YouTuberになるきっかけ

「はじめしゃちょー」の悲しい過去

悲しい

はじめしゃちょーの高校生の時、3年間付き合っていた彼女と別れてしまったことをきっかけに、何かが吹っ切れたようです。

バスケットボール部の部長をしていたことから、当時の思い出は「バスケ」と「彼女」が濃かったらしく、彼女と別れたことをきっかけに、「少し変わった人生」というものに目を向けたそうです。

「はじめしゃちょー」は最初から有名ではなかった!

歓喜

「はじめしゃちょー」という人物はほとんどの人が知るようになりましたが、初めは無名の学生。YouTubeに始めて動画を上げたのは2012年2月頃。

「前代未聞のぶっ飛んだことを動画にすれば人気者になれるだろう」という軽い気持ちで動画を上げたそうです。

はじめしゃちょー「これからYouTuberになる人へ」

将来

情報発信する者として、嫌な情報を公開されるリスクもあります。情報を開示した責任は自分にあって、一度出た情報は取り消せないので、出てから後悔しても遅い。未然に防ぐしかないです。その意味で、危険いっぱいの代物です。危険性を理解した上で使うのが大事です。

インターネット上に公開してしまった情報は消せないという事。警察沙汰になるほどの炎上をしてしまうと自分に甚大な被害に遭うということを理解してほしいですね。

今では、小・中学生の人もスマホを持ちYouTubeに動画が上げられます。

まだ知識のない未成年が上げたた動画で炎上してしまうと、親も大変な迷惑がかかるとともに、自分の人生も変わってきてしまいます。

YouTuberとして情報発信者を目指す人は、楽しい動画を上げるのを心がけると同時に、炎上被害などのリスクの面もしっかり考えて欲しいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?YouTuberとして「自分のちょっとした単純な気持ち」で始められる魅力的な仕事であるとともに、「インターネットによる炎上被害のリスク」について分かってもらえたらと思います!

周りの人でYouTuberになりたい人がいたら教えてあげてください^^

最後まで読んでいただきありがとうございます。

是非、他の記事も読んでみて下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする