【GSX400インパルス】400ccクラス中古車で初めて買ったのバイクのインプレ

IMPULSE中型バイク (126cc~400cc)

こんにちは!のてっちです。今回は私が400ccクラスで初めて購入したGSX400インパルスについて紹介していきたいと思います。「インパルスをこれから購入しようと考えている人」「400ccクラスのバイクを探している人」への参考になればと思います。

スポンサーリンク

GSX400インパルスってどんなバイク?

syoukai

SUZUKIから400ccクラスの普通自動二輪車として発売された水冷4気筒バイクです。

SUZUKIのインパルスシリーズの3代目に当たるバイクで、1994年~1999年に発売されていました。当時のライバル車種としてHONDAのCB400SF、KawasakiのZRX400、ゼファー400、YAMAHAのXJR400があります。

当時はHONDAのCB400SFに搭載され始めた可変バルブシステムであるVTEC機構が話題となりました。また、「見た目のかっこよさ」「空冷バイクのサウンドの良さ」から、ゼファー、ZRX、XJRと若者から人気を集めていました。

しかもXJRに関して言えば、フロントブレーキはブレンボ、リアサスはオーリンズが標準仕様という今では考えられない豪華さでした・・・。

GSX400インパルスのスペック

インパルスのスペックは次の通りです。

型式GK79A
排気量399cc
燃料消費率36.5km/L (60km/h走行時)
タンク容量16L
燃料供給方式キャブレター
エンジンタイプ水冷・4サイクル・DOHC並列4気筒
最高出力53ps/11000rpm
最大トルク37.3N・m/9500rpm
車体重量(装備重量)195kg
パワーウエイトレシオ3.3kg/PS

インパルスはこれと言って特別これと言った目立つものはなく、人気は他のバイクに比べて陰っていたように感じます。そんな中でも私はGSX400インパルスの購入を決めました。

スポンサーリンク

GSX400インパルに決めた理由

決定

私自身、400ccクラスのバイクに初めて乗るので、どのバイクが良いか分からなかったので直感で決めました。

購入は中古車で考えていました。400ccクラスの練習用として考えていたので、「スピードが~」とか「リアサスが~」とか言われてもよくわからなかったんですよね。だからお店に行って見つけた第一印象で、GSX400インパルスに即決しました。(その頃を境にSUZUKIに侵され始めたのですかね・・・w)

GSX400インパルスの良い所

私が良いと思ったところは次の通りです。

  • シンプルな見た目、全体的に角ばった形状が好み
  • 目立つ部分はないが、カスタムパーツがそこそこある。
  • 初心者が乗るときに、このシステムが~とか余計なことを考えなくてもいい
  • 5000rpm超えたあたりのサウンドは鳥肌物
  • 純粋にカッコイイと思えた。

この4つですね。

インパルスは本当にコレ!っていう特出した部分が無いです。400ccクラスのバイクの中でも一番ベーシックなバイクです。発売から20年以上たった今でもSUZUKIの400ccクラスのバイクの中で手に入る部類なので、乗る機会があったらまた乗りたい1台です。

GSX400インパルス(中古車)で購入して後悔したこと

koukai

GSX400インパルスに対しての後悔は有りませんが、中古車として失敗したなぁと思ったことはあります。

当時、バイクの中古車は「走行距離が少ない=良いバイク」と思っていたのですが、実際中古車を選ぶときは、バイクから得られる情報を総合的に判断して決めなくてはなりません。

そのことに関して言えば、バンディット250を購入したときの失敗談記事が参考になると思うので、「250ccの中古バイクには気をつけろ!失敗する中古バイクの選び方を紹介します!」こちらを参照ください。

スポンサーリンク

GSX400インパルスに乗ってみてどう?

初めての400ccバイクにしては非常に乗りやすかったです。

ブレーキもよく効きます。ハンドルからの振動も気になりませんでした。

一人で乗っている時

カーブで倒してもよろけることが無かったです。250ccや125ccバイクに比べて重さがあるので風を受けても安定して走れていました。特に気にならなかったです。

これは私自身の問題な気がしますが、125cc・250ccとは違い車体の重みを感じることはあります。そのためかUターンには結構苦労しました。

タンデム(2人乗り)時

タンデム時は乗りづらいです。後ろの人が捕まるところが、シートの紐の部分か、運転者に捕まるしかないです。専用のタンデムバーを付けてあげると非常に親切です。

タンデムバーは荷物を固定するネットの引っ掛ける部分にも使えたりしますので、つけとくといいですよ。

一般道での走り

一般道での走りは問題なく流れに乗ります。

片側3車線ある道路で車通りの多い幹線道路でも余裕でついていけます。インパルスも高回転まで回せるので、一般道は苦になることはなかったです。

高速道路の走行は?

高速走行はもろに風を受けるので大変です。ビキニカウルの装着をおすすめします。

インパルスは、風を防ぐものが一切ありません。TypeS仕様にはビキニカウルが標準装備で付いていますが、通常仕様だと付いていません。

走行車線を走る分には問題なくついていけます。追い越しをかけるときは1ギア下げて回転数を上げてぶん回すので、少し大変です。まぁ400ccなので、当然と言えば当然ですが。

燃費はどれくらい?

マフラーを変えていたので参考になるか分かりませんが、一般道メインで走ると18~20km/Lでした。高速道路を走ると、大体24km/Lまで伸びます。

だいたいは最後の給油から300km走ったところで毎回給油していた感じです。

バイクの維持費はどれくらいか?

ガソリン代を入れると多少の変動があるので大体の金額での紹介になります。

ガソリン代(月)6,000円
駐輪場代0円
自賠責保険(24ヶ月)11,520円
任意保険(月)3000円
車検80000円
軽自動車税6000円
合計106,520円

ざっくりとした維持費です。この中にメンテナンスに関する費用は入っていません。別途オイル交換やブレーキパットの交換が発生するかもしれません。

自賠責保険は、バイクが中古車なので2年おきに車検を受ける必要があります。それに合わせて自賠責を契約しておくと分かりやすくて良いですよ。

停めていたアパートの駐輪場で特に費用は発生していなかったので0円になっています。

車検はお願いするところによって変わると思います。あくまでも目安です。

ガソリンは月2回入れていました。

スポンサーリンク

まとめ

道

インパルスを良いと思うか、悪いと思うかは乗り手次第です。

バイクのインプレッションを見ていると人によってバイクの評価って変わります。この記事を読んでいただいた方のバイク選びの参考になればと思います。もし気になることがあれば、コメント欄に、コメント残していただけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました