【原付二種】125ccのバイクでツーリングはきついのか?

125cc-touringツーリング

125ccのバイクなんて高速乗れないし、ツーリングなんてキツイよ!なんて諦めていませんか?今回は「125ccのバイクでツーリングはきついのか?」というテーマでお話ししていきます。

記事の内容

  • 【快適】125ccクラスでも十分行ける話
  • ツーリングするなら〇〇に気をつけろ!

の2本立てでお話していこうと思います。

私も125cc(原付二種)のバイクである、YAMAHAのシグナスXとB’ws125に乗っていました。400ccの中型バイクや原付バイクにも乗ったことがあるので、その経験から125ccバイクの特徴を交えながら伝えられたらと思います。

スポンサーリンク

【快適】125ccクラスでもツーリングは十分行ける話

kaiteki

125ccクラスのバイクでも十分ツーリングは楽しめます。むしろかなり便利です。その答えがこちらになります。

  • 中型・大型バイクよりも小回りが利く
  • 50ccクラスのバイクよりもスピードが出せる
  • スクーターならそれなりに荷物が詰める

125ccバイクは中型・大型バイクよりも小回りが利く

125ccクラスのバイクは市街地を走るとき、小回りが利くのでツーリングしやすいです。

ツーリングの途中って必ずと言っていいほどコンビニとかによって休憩したりしませんか?走行車線の反対側が入り口だったりするときって、中型バイク・大型バイクで入りずらいってことが良くあります。取り回しと車両が重いので倒れないかというところによく気を使います。

その点125ccは軽い!Uターンなんかの曲がるとき でも、踏ん張れるくらいの重さなので に転ぶ心配が少ないです。そのおかげでツーリングなんかでよくある、道を間違えたときです。道を間違えたときの進路修正が、125ccだとすぐに復帰できます。

細かい移動がスイスイできる125ccバイクのツーリングはおすすめです!

50ccクラスのバイクよりもスピードが出せる

speed

125ccクラスのバイクは、一般道での法定速度は60km/hです。

50ccクラスの原付バイクだと30km/hが法定速度になるので倍のスピードが出せます。これは一般道を走る自動車の流れにも十分ついていけます。中型バイク・大型バイクでも一般道は車と同じようなスピードで走るので、あんまりストレスに感じることはないかもしれません。

あんまり速度出し過ぎると事故にもつながりますからね。

有料道路を走ることができないので、下道を流しながら走っていくツーリング。それこそバイク初心者の人には道になれるという意味でおすすめです。

スクーターならそれなりに荷物が詰める!カスタム性も良い

125ccクラスんもスクーターになると、メットインの容量は25~30Lと大容量なのもツーリングのメリットです。

ツーリングだとお土産買ったり、カメラやカッパ、移動用のカバンをしまっておけるので荷物を持つことが少なくなります。

メットイン以外にもネットを持っていけばタンデムシートに荷物が詰めるし、リアボックスを付けても良いですね。配線を引っ張ればシガーソケットも引けるし、スマホホルダーつけることもできます。

ツーリングに必要なパーツをカスタムできるのも125ccの魅力ですね。

スポンサーリンク

ツーリングするなら〇〇に気をつけろ!

stop

ここまで、125ccバイクのいい所ばかりはなしてばかり話してきましたが、もちろんデメリットもあります。125ccバイクのデメリットが

  • 有料道路・バイパス系に乗れない
  • ガソリンタンクの容量が小さい
  • 大型排気量バイクについていく時

有料道路・バイパス系に乗れない

125ccユーザーの方ならご承知の通り高速道路は乗れません。有料の高速道路はまだしも、バイパス系の無料区間も乗れません。

入り口にはきっちり「124cc以下原付進入禁止」の看板があります。125ccバイクが乗れないのは高速道路だけだと思っている人多いかもしれませんが、バイパスも乗れないので、走行中は道路標識に注意してください。

ガソリンタンクの容量が小さい

tanku

125ccクラスのバイクのガソリンタンクの容量は、スクーターだと7LMT車だと10~15Lくらいしかないです。

最近出ているスクーターは緒元だと燃費35~40km/Lと書かれていますが、実際走行するともっと落ちます。おそらく1回の給油で走れる距離は250kmを目安にしてください。

とはいえ、スクーターはディスプレイにガソリンメーターが表示されるので、「減ってきたな」くらいで覚えておくと良いです。

大型排気量バイクについていく時

ツーリングに行くのは余裕で行けるのですが、一緒に行く人が大型排気量のバイクに乗っていると少し大変です。

一般道でそんなに飛ばさないにしても、出だしのパワーが違いすぎるので、スタートダッシュでは置いていかれます。追いつこうとしてアクセル空けて走ると、今度は「燃費の低下」と「ハンドルからくる振動」がドライバーの疲労に繋がります。

そんな時は、やっぱり排気量が大きい方が良かったなぁって思うことがあります。

スポンサーリンク

まとめ

125ccクラスのバイクでツーリングに行く時は

  • 小回りが利くから移動がラク!
  • 一般道でそれなりにスピードが出せるから、車の流れには乗れる
  • スクーターなら積載性バツグンに良い
  • タンク容量が小さいから、給油するタイミングに気を付ける
  • 高速道路だけじゃなくて、バイパスの無料区間も乗れないから注意
  • 大型排気量バイクとのツーリングはかなりきつい・・・

と言ったところです。ツーリングに行く時は参考にしてみてください。

このサイトではほかにもツーリングに関する記事を紹介していますので、良かったらこちらも参考にしてみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました