【パチンコ・パチスロ】ギャンブルを辞められない4つの理由。

ギャンブル入口

ギャンブルを続けることでナタに起こる深刻な変化があることにお気づきでしょうか?知らないうちになっているギャンブル依存症。心当たりがある場合は要注意ですよ!

1.ギャンブル依存症の入り口

ギャンブル入口

私が大学生の頃。当時付き合っていた彼氏に連れられてパチンコ屋さんに行ったことがありました。

今思えばパチンコ屋さんって、昔からあるものでギャンブルのイメージが強く、男女問わず初めての人は入りにくいんだと思います。だからこうやって私のように周りの人から誘われて入っていくのがほとんどなんでしょう。

ギャンブル入口

<出典:まにあっく懐パチ・懐スロ

私はその日はしぶしぶ1日彼に付き合うことになりました。私はお金を使いたくなかったので1円パチンコで遊技していました。

結果お店を出るときには、周りの音が聞こえづらくなったのと、財布のお金5000円失いました。(5000円は後で彼から返ってきましたw)

2.ギャンブルを続けた結果。思考の変化

ギャンブル思考

私の彼は私と付き合っている間は、隠れてギャンブルをしていたようです。そして彼がギャンブルを続けていった結果、勝てる確率。ギャンブルの攻略を研究するようになっていきました。スマートフォンで情報サイトを見たり自分の打った機械の解析。より一層勝つための勉強を続けていきました。

私としては、これくらい大学の勉強もまじめにやってほしいと思っていましたが・・・w逆にこれだけ熱中できるものなんだと凄さを感じてもいました。

彼と学校で話すと、「楽して稼ぎたい」「激アツ」とか用語を使うようになり、人としてもダメな方向に向かっていきました。

私がだんだん彼へ不信感を抱き始めましたね・・・w

3.ギャンブル業界による悪魔のような煽り

ギャンブル悪魔

パチンコ・スロット業界は市場規模が全盛期30兆円を超える一大産業と言われています。全盛期に比べと機械の規制が厳しくかかり、射幸性を抑える方向に向かっているそうです。それにもかかわらずギャンブルはやめられません。

なぜでしょうか?

・機械の派手な演出。

・専門番組による情報提供と好奇心の煽り

・出玉のアピール

ギャンブル依存者はギャンブルで得た最高の満足をまた味わいたいという欲求衝動にかられます。たとえそれがダメだとわかって心で抑制しようとしても、自分を正当化していってしまいます。

・ちょっとした時間つぶしに少しだけ。

・タバコが吸いたいから。

・あのアニメ台気になるんだよな・・・

↑ 自分を正当化していませんか?

行かないと決めているはずなのに、「少しだけ」と正当化しています。正当化しているから駄目だということに気づかなくなっていませんか?

こうやってギャンブル業界は、完璧と呼べる印象操作をすることで負の連鎖を作り出していきます。

4.依存症者の末路

ギャンブル廃人

<出典:VIPワイドガイド

ギャンブル依存症は自分では気づきません。なぜなら「ギャンブルすることが普通になっている」から。たとえ大金をつ買って遊技し負けたとしても「くそー」といって次の日にはまた行っています。

私の彼は、最終的に私にお金を借りるようになってきたので別れました。(´・ω・`) 負けが込んでいるときは、私に当たり散らしてきたりするときもありました。正直に言うとそうゆう方には将来を見出せません。

最初のうちは楽しむだけだったのに、ふとしたことをきっかけに生活をかけるようになっていき、本当にダメになっていきました。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ギャンブルにのめりこみやすい方は少しでも辞めようと思っていただけると幸いです。

次の更新は明日中を目標に頑張ります(`・ω・´)シャキーン

また読んでくださいね!

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

よかったらほかの記事も読んでみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする