【衝撃】これはヒドイ!恵方巻を食わなかったらこうなる・・・

恵方巻

2月3日は「節分の日」ですね。恵方巻食べましたか?
実は恵方巻を食べなかった裏側がヤバイ事になっています。
いったい、何が起こっているのでしょうか・・・



もともと恵方巻は関東にはなかった!

疑問

私は関東(神奈川)出身なのですが、小学校の頃は恵方巻というものになじみがありませんでした。

節分の日と言ったら、何といっても「豆まき」でした。

歳の数だけ豆を食べるなんて教わりましたが、今では恵方巻。

もともとは関西の方で食べられているものだったからだと言われています。

大阪・船場で商売繁盛、無病息災、家内円満を願ったのが始まり

太巻きには7種類の具材を使うとされる。その数は商売繁盛や無病息災を願って七福神に因んだもので、福を巻き込むと意味付けされる。

太巻きを逃げた鬼が忘れていった金棒(鬼の金棒)に見立てて、鬼退治と捉える説もある。

恵方巻 Wikipediaより

1989年にセブンイレブンが広島県に販売したのを始まりに、1998年に全国販売が展開されました。

そのおかげで全国に広まり「恵方巻」という文化が根付きつつあるのですね。

今ではスーパーさんも節分の日商戦で、今や恵方巻を見ないことはありません。

どこでもおせち料理のように予約販売されるほど!

そんな恵方巻ですが、裏ではとんでもなくヤバイ事になっていることをご存知ですか?

このことをきっかけに、少し現実に目を向けて少しでも関心を持っていただければと思います。

では、そのやばい事とは・・・・?

恵方巻を買う人いれば、〇〇する人もいる。

皆さん、「恵方巻」は食べましたか?

今では全国区に広まった恵方巻ですが、裏ではこんな事なっているのです。

恵方巻 廃棄

<出典:livedoor NEWS

こちらは神奈川県にある日本エコロジーセンターというところで、持ち込まれた恵方巻やその他ごはん等の食材を、家畜の肥料に処理する工場です。

売れ残った恵方巻はこのように家畜に再利用されているのです。

最近では「節分の日離れ」が起きており、恵方巻の販売数も減少が問題化されている。

しかし、生産工場は不足を出さないように、多めに製造する。

実際には消費者の手は伸びず、売れ残ってしまい、この工場に来るそうです。

今回この写真で500リットル=約500kgという。

食材の生産者さんの気持ちを考えると、少し悲しい気もします。

ネットからの声

せめて切っといてくれたら半額で買うかもしれんけど、まるごととか半額でも買う気しない。

そもそも巻き寿司ってクリスマスのケーキとかと違ってあんまり子供うけしないからね。仕方ないよ 。

恵方巻が悪いんじゃなくて、大量に廃棄が出るように仕組んでるコンビニ本部が悪魔なんだろ。

来年、恵方巻を販売する方々は、少し考えて欲しいですね・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする