【衝撃】バレンタインの義理チョコはアリ派?ナシ派?

バレンタイン

2月14日は「バレンタインデー」
そんな中、ある広告が男女間の議論を燃やしています。
一体、どんな広告だったのでしょうか・・・?



中世ヨーロッパのバレンタインは禁断の果実!?

アップル

私が学生の頃は、机の中や下駄箱の中にチョコが入っているのではないかと、1日ソワソワしてたことを思い出しますねww

ある学校の校則では、

「バレンタインデー!!」

「下駄箱の開封は1日2回まで!!」

とありますww(ネタです。元ネタを知りたい方は検索してみてください)

男子の方はチョコをもらえるだけでも嬉しいもので、女子の方からすれば渡すだけでも緊張ものですね。

昔々の中世ヨーロッパでは、チョコレートではなく禁断の果実が送られていたそうです。

その名も「ラブ・アップル」!

女性は皮をむいたリンゴを脇に挟み、自分のニオイを付けたリンゴを男性に送っていたそうですww

しかもそのリンゴは、男性のことを思いながらリンゴを脇に挟み、1時間ほど踊りながら作られるそうです。

昔のヨーロッパの女性は何とも情熱的だったのですね。

そんなリンゴで告白されたら、食べる食べない別として、インパクト大ですね^^;

バレンタイン

今の日本では好きな人に手作りのチョコレートを、いわゆる

「本命チョコレート」

友情として仲のいい男子には

「義理チョコレート」

という越えられない区枠があります。
私としては義理チョコでも貰えるなら嬉しいものです^^

しかしネットでは、チョコレート会社が出した広告が、男女間で熱い議論となっています。

その広告とは一体どんなものなのでしょうか。

男性にとってはハイリスク・ハイリターン

話題になっている広告がこちら

ゴディババレンタイン

<出典:GODIVA

バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。

その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。

なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。

気を使う。お金も使う。でも自分からはやめづらい。

それが毎年もどかしい、というのです。

それはこの国の女性たちをずっと見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。

もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。

いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。

そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。

社内の人間関係を調整する日ではない。

だから男性のみなさんから、とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちにまずひと言、言ってあげてください。「義理チョコ、ムリしないで」と。

気持ちを伝える歓びを、もっと多くの人に楽しんでほしいから。

そしてバレンタインデーを、もっと好きになってほしいから。

愛してる。好きです。本当にありがとう。

そんな儀礼ではない、心からの感情だけを、これからも大切にしたい私たちです。

義理チョコ渡すのはやめようというのではなく、バレンタインにチョコを通じて相手に気持ちを伝えようという、メーカーらしい心温まる広告だったのです。

普段言えない事があるからこそ、相手には自分の気持ちと一緒にチョコを送ってみてはいかがでしょうか?

それは「いつもお疲れ様」とか何気ない一言でもいいのかもしれませんね^^

ネットからの声は・・・

ぜひ義理チョコ止めてくれ。受け取らないと逆恨みされる。お返ししないと逆恨みされる。

義理チョコは買わない。

義理チョコは、廃止で良いよ

これ以外にも、義理チョコをもらったら貰っても「お返ししなきゃいけない」「渡すのめんどくさい」などの声が見られました^^;

それぞれの方が、良いバレンタインになりますように! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする