バイク修理でぼったくられないためには?信頼できるバイク屋を探そう!

バイク修理メンテナンス

バイクは車と違ってボディに守られていない乗り物なので、マシントラブルで事故を起こすのが怖い乗り物です。そのため、少しの不調でも気を使ってしまいますよね。バイク屋にもっていったら予想以上に金額が高くてぼったくられているんじゃ・・・なんて思ったことありませんか?

そこで今回はバイク修理に関する疑問を解決できるような内容で紹介していきたいと思います。

記事の内容は・・・

  • 修理費用が高額!バイク屋で修理する2つの特徴
  • 【裏話】バイク屋によって金額の差が出る理由
  • 信頼できるバイク屋の探し方。ここを見ればすぐに分かります。

この3本だてて紹介していきます。

この記事を書く筆者も以前はバイク整備の世界に身を置いていました。そこは個人店で自分も「ここおかしくないか?」と思うようなことがいくつもありました。そういった自分の経験も踏まえてお話しさせていただきます。

この記事を読むと

  • 今のバイク屋がどうなのか正しい評価の基準になる
  • 提示された修理の見積もりが妥当かどうか判断できる
  • バイクに乗る価値観が変わる

記事は5分ほどで読み終わるような長さなので、最後までお付き合いいただけたらと思います。

スポンサーリンク

修理費用が高額!バイク屋で修理する2つの特徴

odoroki

修理した箇所が治っていない

バイクに出た症状があいまいな時は治っていないと感じるときがあります。

例えば、「朝のエンジンのかかりが悪い」といってバイクの修理を依頼されるパターンです。

このような症状の訴えって結構曖昧な症状で、原因が複数ある場合があります。こういった症状を直す場合、2つの方法があります。

  1. 今回の修理で原因と思われる個所をすべて調べて、すべて修理する。
  2. 原因は複数あるが、一番手が付けやくて、費用を抑えられる場所から徐々に直す。

大体のバイク屋は後者をおすすめしてきます。なぜなら、

安い方がお客さん的にも負担が少ない。バイク屋にも工賃が1よりも取れる+作業の手間が少ない

からです。ここで、やばいバイク屋は「あたかもここだけ直せば治りますよ的」なニュアンスで説明してきます。結果、修理依頼したけど治っていない・・・とお客さんは感じるんです。

最終的にふたを開けたらエンジンのかかりを直すだけに数万以上もお金を使っていたというパターンです。

厳密なルールが無くて、店基準で決まる

大きいお店に行くと工賃表というものが提示されていますが、されてないお店は高いです。

工賃表表示が無いお店なんてあるの?と思われるかもしれませんが、あります。特に小さな個人経営のお店には、工賃表が無いことが多いです。

2りん館やナップスのような大型店舗では消耗品交換に関しての工賃表は大体あります。

工賃表があるなら安心ですが、無い場合はトラブルになりやすいです。

なぜなら、お客さんの目に触れないので、店側で決められるからです。

スポンサーリンク

【裏話】バイク屋によって修理金額の差が出る理由

修理

ここで考えられる要因は3つあります。

  • 2つの作業内容に共通する作業がある
  • 店の作業効率がよい
  • そのお店でバイクを買った場合

の2つが考えられます。

2つの作業内容に共通する作業がある

例えば、1台のバイクの修理内容に「マフラー交換」「リアタイアの交換」があったとします。

この場合、リアホイールを外すのにマフラーを外す必要があります。内容の中に「マフラー交換」もあるので、作業が1回で済みますよね。

「リアタイヤ交換」単体で頼むよりも、「リアタイヤの交換」+「マフラー交換」で頼んだ方がバイク屋としての手間も減るので、工賃が少し安くなったりします。

この安くなる塩梅はバイク屋次第になってしまいますが・・・

店の作業効率がよい

2つ目の理由は「店の作業効率が良い」場合です。

工賃は基本的に「作業にかかる時間」に対して発生するものです。工賃が安いと感じるお店は作業の速さも期待できます。

そのお店でバイクを買った場合

私のいたお店では、「自分のお店でバイクを買ってくれたお客さんが修理に出す」のと「外から来たお客さんの修理」では違いました。

「修理費用が安いバイク屋はありますか?」という質問を目にするのですが、自分が買ったバイク屋に修理に出すのが一番だと思います。これには理由があって

  • お店が修理履歴を管理できる
  • 工賃が安くなる
  • 次のバイクを買う時も融通してくれる(可能性がある)

バイク屋というのは人間関係を大事にします。「自分のお店で買ってくれた人にはサービスしてあげようという」という傾向が強く、「外から来た一見さん」にはあんまりサービスしない傾向です。

自分がいたショップではありました。

買ったショップに修理に出したくない!」という人は、そもそものショップ選びが間違っていた可能性があります。。。

スポンサーリンク

信頼できるバイク屋の探し方。ここを見ればすぐに分かります。

信頼

信頼できるショップってなんだ?それは人を見ることです。

バイク屋の信頼ってどこで決めていますか?まさか「国家2級整備士がいます!」とかで決めていませんよね。

バイクの修理事業をするうえで「 国家2級整備士 」の資格は必ず必要です。だから資格があるのは当然なので信頼にはなりません。じゃあどこで決めるのか?

人です!見るポイントとしては

  • その人は長く付き合うのに良い人か
  • 知識的なとこは大丈夫か?
  • 困ったときに逃げ出さないか
  • 誠実そうか

まとめると良い人である!という事です。

先ほども言ったようにバイクショップとは長い付き合いになります。修理を依頼するだけのお店ではなく、バイクの事なら何でも相談できるお店を探しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

このサイトではほかにもバイクに関する記事を多数掲載しているのでよかったらそちらもご覧ください。バイクに関する情報をTwitterで配信もしているのでフォローいただけると嬉しいです。

のてっちTwitterフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました