【バイク教習】一本橋を攻略するための8つのコツ

一本橋免許

バイク教習で必ず行う「一本橋」の教習に苦しんでいませんか?多くの人はそんな恐怖に負けて一本橋から落ちてしまうようです。今回はバイク教習に苦しむ人に「一本橋を攻略するための8つのコツ」について紹介していきます。

この記事はこんな人向け

  • バイクの教習中で一本橋が攻略できない
  • 一本橋のせいでバイクの免許を諦めようとしている
  • 一本橋の時にテンパってしまう
  • 一本橋を渡るためのコツが知りたい
  • 一本橋がトラウマになっている
  • 一本橋に落ちて卒検が受からない

人に向けて書いています。この記事を読んでいただければ

  • 一本橋を攻略してバイク免許を手に入れられる
  • バイクに慣れるので、その後の教習もラクになる
  • バイクの楽しさに気づいて、教習が楽しくなる

この記事はバイクに8年間乗ってきた私が、これから免許を取ろうとするあなたに向けて、一本橋の攻略に関する内容を【メンタル編】と【テクニック編】に分けてお伝えしていきます。

記事は5分程度で読み終わりますので、最後までお付き合いいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

【一本橋攻略】メンタル編

悩み

恐怖心

一本橋に対する恐怖心は2つのポイントがあります。

  1. 高さ+不安定さ=恐怖心
  2. 転んだ時のケガのイメージ

順番に解説していきますね。

高さ+不安定さ=恐怖心

一本橋の高さ、バイクCB400SFのシート高、運転者座高で大体の目線の高さが出ます。
※座高が分からないっていう人は身長を半分にして大体の数字を入れてみましょう。

筆者は175cmなので・・・

一本橋(5cm)+バイクシート高(75.5cm)+身長(175÷2)=168cm

普通に立った高さくらいが、一本橋に入っている時の目線の高さになります。普通に立っている時ってなにも恐怖心を感じませんよね?

なぜなら普通に立っているときは「自分の意志で立っていて安定している」から。

そう考えると、一本橋の恐怖心はバイクの不安定さにあり、バイクを安定させれば大丈夫だと考えられます。→【テクニック編へGO】

転んだ時のケガのイメージ

転倒

一本橋を渡るとき最悪の結果を意識しています。

「イメージは現実化する」と言われているように、悪い方向に考えるとその結果が現実化します。

同じように「一本橋でエンストして転ぶかもしれない・・・」

そう思うなら、バイクの操作に集中してみることをおすすめします。エンストしないように注意しながら一本橋に侵入してみてください。

教習の時は何回か練習できるはずです。苦手なところ教官に相談しては徹底的に練習してください。

不安を自信に変えることが一本橋攻略のカギです。

恐怖心をなくすために【テクニック編へGo】

スポンサーリンク

【一本橋攻略】テクニック編

テクニック

一本橋に侵入する前に一時停止をして確認することがあります。

1番最初に、一本橋とバイクの車体をまっすぐに合わせてください。ここが一番の基本です。

そこからまっすぐ一本橋に進入していきましょう。

一本橋に進入したら

  • 視線
  • ブレーキ操作
  • バイク操作
  • 体勢

に注意して運転していきます。ここでも注意点があるので順番に解説していきます。

視線

あなたは視線をどこに向けていますか?一本橋を渡っているときの視線の位置は常にゴールを見てください。

下を見ているとまっすぐ進んでいるのか分かりません。タンクやハンドル周り、フロントタイヤ、そんなの意識したことないと思った人は、今すぐ直しましょう。

目線はまっすぐ進んでいるか確認するための生命線です。常に一本橋のゴールを意識してください。

ブレーキ操作

ブレーキは必ずフットブレーキを使ってください。

ハンドルの右手にあるレバーで速度調整している人は論外です。フロントブレーキは少し握るだけでも強いブレーキがかかります。

思いっきり握ればハンドルロックして間違いなく横転します。

そのため、一本橋を渡るときにはゆっくり減速するためのフットブレーキで調節する事をおすすめします。

バイクの操作

一本橋を渡るときに意識することは3つです!

「アクセル操作」慣れてない人は一本橋でエンストしないようにかすかに開ける。バイクに慣れた人はクラッチをゆっくり操作する。アクセルは無くても一本橋は渡れます。

「ブレーキ操作」繰り返しになりますが、必ずフットブレーキを使う。強く書けると止まってしまうので、うまい塩梅をマスターすることが大切です。

「クラッチ操作」ゆっくり半クラッチをキープする。早くわたりそうならクラッチを握って少しブレーキ。ある程度スピードが出て入れば横に転ぶことはないので安心してください。

姿勢

一本橋を渡るときの姿勢のポイントも2つです。

「目線」目線は常に一本橋のゴールを見ておくこと。バイクがまっすぐ進んでいるか分からなくなるから。

「ニーグリップ」人車一体と教わると思います。バイクが倒れるときは自分も倒れると思ってください。逆にバイクが倒れなければ自分も倒れないです!

時間の意識をなくす

慣れないうちは時間の意識をなくしてください。

卒検の時の一本橋は、小型二輪:5秒、普通自動二輪:7秒、大型二輪:10秒かけて渡らなくてはいけません。

最初から時間を意識していると焦りが増すだけなので、慣れないうちは特に時間を気にせず、渡りきることに集中しましょう。

スポンサーリンク

最後にやってほしい事

最後に一本橋を攻略するためにやってほしいことをお伝えして終わろうと思います。

家にいるときに、「目をつぶって一本橋を渡るイメージトレーニング」をしてください。

ちなみにこのイメトレは手と足も動かしてください。体勢はマネしなくて大丈夫です。実際にアクセル空けたり、クラッチ操作したり、ブレーキ操作したり、目線は一本橋のゴールをイメージする。

とにかく徹底的イメージする。

筆者は車の免許(MT)を取るときに、合宿免許で時間が無ありませんでした。足でやるクラッチ操作が苦手で、とにかく徹底的にイメトレしまくってマスターしましました。

自分の中ではかなり有効だと思っているので、是非試してほしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このサイトではバイクに関する記事を多数掲載しています。今回のように一本橋以外にもスラーロームのコツを載せていたりするので、良かったらこちらも見てみてください。

新着記事のお知らせはTwitterで行っていますので、良かったらこちらもフォローいただけると嬉しいです。Twitterのフォローはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました