250ccスクーターに乗ろう!初心者向けおすすめバイクを紹介!

250ccスクーター

250ccのスクーターと言えば、車検もない!二人乗できる!加速も良いバイクとして、普通自動二輪免許を持つ初心者にはおすすめの部類です。バイク選びでは、車種によって特徴があるので、詳しく紹介していきます。



1.250ccスクーターの特徴

1-1.スペック

250ccスクーターバイクの代表格であるHonda「FORZA」(フォルツァ)とスポーツタイプ「CBR250RR」を例にとって、初心者が注目すべきスペックを紹介していきます。

・「FORZA」スペック

フォルツァ

<出典:Honda FORZAデザイン

全長(mm):2140

全幅(mm):750

車両重量(kg):184

燃費(km/L):

国土交通省届出値 定地燃費:41.0(2名乗車時)

WMTCモード値:33.3(1名乗車時)

最大トルク(N・m/rpm):24/6250

燃料タンク容量(L):11

※Honda 製品ラインナップ スペックから一部抜粋

・「CBR250RR」スペック

CBR250RR

<出典:Honda CBR250RRデザイン

全長(mm):2065

全幅(mm):725

車両重量(kg):165

燃費(km/L):

国土交通省届出値 定地燃費:40.1(2名乗車時)

WMTCモード値:26.7(1名乗車時)

最大トルク(N・m/rpm):23/11,000

燃料タンク容量(L):14

※Honda 製品ラインナップ スペックから一部抜粋

ここから伝えたいことが・・・

・スクーターバイクの方が、車体が大きく重い。

※車長・車幅・車重から取り回しやすさと安定性に影響

・スクーターバイクの方が、若干燃費が良い。

※維持費(ガソリン代)に影響

・スクーターバイクは、出だしが力強い!

※最大トルクは二人乗りしやすさに影響

・燃料タンクがやや小さい。

※維持費(ガソリン代)に影響

ということです。

これだけでは一長一短の特徴があるので、次の「運転ポジション」についてみていきましょう。

1-2.運転ポジション

1-2-1.基本姿勢

スクーターバイクは他のバイクにとは運転時の姿勢が違う事に気を付けなければなりません。

フォルツァ乗車姿勢

<出典:Honda FORZAデザイン

スクターバイクの場合は、椅子に座るような姿勢で運転するのが特徴です。

ハンドル操作と体重移動が重要になってきます。

1-2-2.二人乗り時

スクーターバイクはシートが広いので、二人乗りの時に後ろに乗る人の負担が少ないです。

背もたれやタンデムバーも充実しているので、ツーリングにもおすすめです!

1-3.バイクの操作性

スクーターバイクは直線が続く高速道路では安定性を発揮します。

しかし、スポーツタイプとは違いガソリンタンクを挟み込まない(ニーグリップしない)スクーターバイクは、ハンドル操作と体重移動で曲がるため、細かい操作が苦手となります。

Uターンはエンストの心配をしなくていいので、スクーターバイクの方がしやすいですね。

1-4.構造の特徴

スクーターバイクの構造で最も特徴的なのが、圧倒的収納力です!

運転者の足元にはペットボトルが入るくらいの収納があるバイクが多く、シート下の収納はスクーターバイクならではの広さです!

スポーツタイプではちょっとした工具と書類を入れたら一杯になってしまいます。

その点スクーターバイクでは、フルフェイスのヘルメットが2個入るほどの収納能力が最大の特徴です。

リュックを背負わないで運転できるので、運転する人の負担を抑えることができます!

1-5.個人的な感想

スクーターバイクとスポーツバイクを乗ってきた私としては、スクーターバイクの実用性は最強だと思っています。

普段の生活面では、コンビニへのちょっとした買い物に行くにしても、出しやすい。

ツーリングも安定していて疲れにくい。

二人乗りの時も、後ろの人へ配慮しなくてはならないという負担が減るところが良いところだと思います。

ただ、スクーターバイクはAT車になるので、アクセルをひねるだけで前に進んでいきます。操作性が少ないことはいい事だと思うのですが、物足りない感じが否めないです。

あと、高速道路の合流場面で、MT車だとギアを下げて急加速できるのですが、スクーターバイクはその点の劣ります。

2.250ccスクーターのメリット・デメリット

2-1.メリットまとめ

・高速道路の安定性!

・二人乗りをしても楽チン!

・最強の収納力!

・エンストの心配がないから、Uターンしやすい。

・操作が簡単で初心者には乗りやすい。

2-2.デメリットまとめ

・急加速が苦手

・曲がるとき安定性に欠ける。

・アクセルひねるだけだから物足りなく感じてくる。

・車体が重い・・・

・スクーターバイクからギア車に乗り換えると苦労する。

大型バイクと中型バイクのメリット・デメリットを紹介
大型バイクと中型バイクのメリット・デメリットを紹介
バイクに乗りたい!そう思ったけど、ふと考えてみると大型と中型バイクどっちに乗ったらいいか分からない。バイクによってメリット・デメリットがありますのので、バイク選びの参考にしてみてください!

3.【メーカー別】250ccスクーター一覧

3-1.ホンダ

・FORZA(フォルツァ)

フォルツァ

<出典:Honda FORZAデザイン

今でも新モデルが発売されているHondaのロングセラーバイク!250ccスクーターバイクの代表格ともいえる1台。

・フュージョン

フュージョン

<出典:Hondalバイク製品アーカイブス

フロントカウルが尖がったのが印象的なビックスクーター。まさかお尻がメットインだとは最初思わなかった・・・w

・フリーウェイ

フリーウェイ

<出典:Hondalバイク製品アーカイブス

私が乗った中でコイツは速いと思った一台です。見かけによらず、予想を覆すスピードを出してきます。w

・PS250

PS250

<出典:Hondalバイク製品アーカイブス

一人乗りの時はタンデムシートを跳ね上げて背もたれに変化する、独特な形をしたスクーターバイク。迷彩柄が似合いそうな面白い形のバイクです。キャンプとか似合いそうw

3-2.ヤマハ

・マジェスティ

マジェスティ

<出典:YAMAHAlバイクブログ

YAMAHAのビックスクーターと言ったらマジェスティというほどメジャーなスクターバイク。125ccタイプのマジェスティもあり、どちらも人気のスクーターバイクです。

・マグザム

マグザム

<出典:YAMAHAlバイクブログ

250ccスクーターバイクの中で、高級感漂うバイクです。(車でいう黒塗りのクラウン)をイメージするようなバイクですw

・XMAX

XMAX

<出典:YAMAHAlバイクブログ

現行で販売している250ccのスクーターバイクになります。シャキッと吊り上がった目のようなヘッドライトがイケメン感を醸していますね。スクーターでありながら、スポーティな一面を兼ね備えています。

3-3.SUZUKI

・スカイウェイブ

スカイウェイブ

<出典:SUZUKIl製品情報

現在は新車での販売は終了してしまったが、中古車で探すなら数は多いです。バイクの中では車格は400ccとほぼ同等のサイズ。とにかくデカイwタイプM仕様はCVTモードを搭載しており、走行シーンに合わせてモードを変えることで、スクーターでありながらスポーティな走りを感じさせるしようとなっていたバイクです。

・バーグマン200

バーグマン

<出典:SUZUKIl製品情報

現行SUZUKIでは250ccのスクーターバイクの販売はしていません。そのため、近い排気量では200ccのバーグマンになります。バイクでありながら、シガーソケットがフロントパネルの中に収納されていて、200ccバイクでありながら、収納・走行性・アクセサリが非常に優秀な1台です。

4.250ccスクーターバイクの車体相場

排気量と車種にもよるのですが、大体の参考値だと思ってください。

新車・・・50万~60万くらい

中古車・・・20万~50万くらい

中古車は状態・年式・走行距離だけでなくカスタムによっても大きく値段が左右されます。安すぎるのも不安ですが高すぎるのも何とも言えません。買う前にはよく現車の状態と値段の内容をよく確認しましょう!

5.最後に・・・

250ccのスクーターバイクは中古車の中でも人気が高く、状態が良いものがまだまだあると思います。また、カスタムパーツも多く出ているので乗りごたえ満載です。

初めてバイクに乗る方。これから乗り換えを考えている方への参考になればと思います!

では、楽しいバイクライフを!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする