ホンダの250ccネイキッドバイクのおすすめ5選を紹介!

ホーネット

ネイキッドバイクで何に乗ろうか悩んでいるあなた。バイク初心者~乗り換えを考えている人まで、私的に250ccのネイキッドバイクに乗るならコレ!っていうバイクをHondaにフォーカスして紹介していきます。あなたのバイク選びの参考になればと思います。



1.Hornet(ホーネット)

ホーネット

400ccバイク顔負けの太いリアタイヤとボリュームのある横に膨らんだガソリンタンクが特徴的なバイクです。名前の由来Hornet(スズメバチ)。テールランプまで伸びたマフラーが蜂のお尻の部分を連想させ、ビジュアル・スペックが両立されたバイク。250ccネイキッドでは5本の指に入る人気のバイクです。

1-1.ホーネットスペック

メーカー  HONDA
車体形式  MC31
エンジン  MC14E型 249cc 4ストローク
水冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列4気筒
最高出力  29.4kW(40PS)/13,000rpm
最大トルク 23.5Nm(2.4kgf・m)/11,000rpm
乾燥重量  149kg
車両重量  166kg
乗車定員  2人
燃料タンク 16L
燃費          32.0km/L

1-2.おすすめするポイント&解説

・見た目もカッコよく、カスタムパーツが多い。

・車体が軽く安定した操作性なところ。

・高回転時の加速性能。バイクに慣れた後でも、全然乗り飽きない。

・高回転時の独特なエンジンサウンド

ホーネットは乾燥重量 149kg。オイルや燃料を含む車両重量166kgと、250ccバイクの中では軽い部類に入ります。ホーネットの特徴であるガソリンタンク。横に膨らんだ形をすることでニーグリップがしやすく、曲がるときの姿勢が安定します。

ホーネットは高回転数になるほど加速を発揮するバイクなのですが、リアタイヤが「400ccバイクか!?」と思うほど太いタイヤを履いています。そのため高速走行にも強い。

極めつけはカスタムパーツも豊富です。自分好みにカスタムがしやすいところがホーネットが250ccネイキッドバイクで人気の理由でしょう。

ホーネットは1996年ー2006年に販売されたバイクで、現在新車では販売していません。購入の際は、中古で購入することになります。

現在でも全国に200台以上の中古車(gooバイク調べ)があり、比較手に入りやすいバイクです。

1-3.ホーネットの価格相場

中古車ホーネットの価格相場は20万円~になります。

250cc中古ネイキッドバイクの中では高い人気を誇るバイクで、2018年の現在でもなかなか寝落ちしないバイクです。新車が販売されない今、状態の良いホーネットが見つかるようでしたら、購入のチャンスと言えます。

逆にホーネットを売却するとき、年々人気が下がらないバイクなので、高く売却できる傾向があるというのも、バイク初心者が購入する際のポイントになるのではないでしょうか。

2.CB250F

CB250F

CB250Fはホンダから発売された新時代のネイキッドバイクです!一昔前の曲線をメインとした基調から、全体的にエッジの利いた角ばったフォルムが特徴的なバイク。ネイキッドネイキッドとフルカウルスポーツの中間に位置する「ストリートファイター」という新ジャンルに位置する1台です。

2-1.CB250Fのスペック

メーカー  HONDA
車体形式  JBK-MC43
エンジン  MC41E型 249cc 4ストローク
水冷4ストローク DOHC 4バルブ 単気筒
最高出力  21kW(29PS)/9,000rpm
最大トルク 23Nm(2.3kgf・m)/11,000rpm
車両重量  161kg
乗車定員  2人
燃料タンク 13L
燃費          32.1km/L

2-2.おすすめするポイント&解説

・急ブレーキしてもタイヤロックしないABS装備

・単気筒ならではのトルクフルな走り

・フルカウルとネイキッドの良いとこ取りをした近未来型バイク

CB250Fは250ccネイキッドバイクでABS装備のバイクは珍しい。バイク初心者の人が乗り始めたとき、ハンドルロックさせがちになるので、この機能が装備されているのはありがたいです。

単気筒でスピードが物足りない感じが否めないと思うがそんな感じはなく、トルクも十分ある。走り出しの時にクラッチのつなぎ方さえ気を付ければ、バイク初心者でやりがちなエンストが気にならない。

ヘッドランプやフロントカウルが角ばっている形をしているので、今までに無い独特な感じを醸し出している。バイク初心者~ベテランライダーまでスポーティな走りがしたい人におすすめしたい1台です。

2-3.CB250Fの価格相場

CB250Fは2014年~2017年の間で販売されたバイクであり、現在で新車を手にするなら、販売店が抱えている在庫だけになります。CB250Fを新車で購入するなら今がラストチャンスでしょう。

CB250F新車での参考価格:47万~

CB250F中古での参考価格:28万~

比較的新しく、新ネイキッドのバイクを新車で手頃な価格で乗り始めるなら今がチャンスです。

3.VTR250

VTR250

ホンダバイクの中でVツインエンジン搭載。250cc部門ロングセラーのネイキッドバイクです。パイプフレームの3角形がトレードマークのVTR250。トラス構造と呼ばれるフレームを採用しており、バイクの強度はピカイチです。搭載しているVツインエンジンは単気筒バイクと4気筒バイクの中間に位置し、スポーティかつパワフルな走りを実現した250ccバイクです。

名前の由来はwinRoadsports(Vツインロードスポーツ)の頭文字をとってVTR250となったようです。

3-1.VTR250のスペック

メーカー  HONDA
車体形式  JBK-MC33
エンジン  MC15E型 249cc 4ストローク
水冷4ストローク DOHC 4バルブ V型2気筒
最高出力  22kW(30PS)/10,500rpm
最大トルク 22Nm(2.2kgf・m)/8,500rpm
車両重量  163kg
乗車定員  2人
燃料タンク 12L
燃費          40.0km/L

3-2.おすすめするポイント&解説

・見かけはネイキッド、音はアメリカンなテイスト!

・250ccネイキッドの中では高い耐久性を誇る。

・2気筒の力強さと加速力は魅力的です。

VTR250の最大の特徴はトラスフレームとV型ツインエンジン!トラスフレームとは、力がかかったときに、強度的に弱い部分にパイプを補って三角の形を作り、強度を高める構造のことで、日本のバイクでトラス構造が採用されるのは珍しいです。

搭載されているV型ツインエンジンは主にアメリカンバイクに採用されています。ハーレーダビッドソンのバイクエンジンを見ると同じような形をしているのが分かります。

横から見たときエンジンの形がVの字になることから呼ばれるようになり、2気筒構造になります。Vの形なので、バイクの幅が広がらずスマートにエンジンを載せるメリットがあります。

2気筒のエンジンは単気筒と4気筒エンジンの中間に位置するエンジンです。単気筒のようにトルクがあり、4気筒のような加速力を持ち合わせたのが2気筒エンジンになります。

VTR250がおすすめなのは、タンクも膨らんでいてニーグリップがしやすくコーナリングが安定。フレームも強化されているので耐久性が非常に高い。

エンジンは2気筒なんでパワフルかつスポーティに走れるの!ネイキッドなのにエンジン音がアメリカンというギャップもおすすめの一つです。

3-3.VTR250の価格相場

VTR250は2017年で生産終了しており、新車で手に入れるのは、販売店にある在庫しかないので、今しかありません。

VTR250新車での参考価格:57万~

VTR250中古での参考価格:9万~

VTR250は新車・中古車合わせると400台以上のバイクを見つけるこ都ができますが、あまり安すぎる車体は十分に状態に注意した方が良いです。

250ccの中古バイクには気をつけろ!失敗する中古バイクの選び方を紹介します!
250ccの中古バイクには気をつけろ!失敗する中古バイクの選び方を紹介します!
250ccのバイクは維持費も安く、バイクを乗り始めようとしている人には最適だと思います。だけど、購入費用を抑えようと、安い中古車を見つけて車体が綺麗だからという理由で購入すると痛い目を見ますよ!自分の経験も踏まえて、失敗しないバイクの選び方を紹介します。

4.JADE(ジェイド)

JADE

ホンダ「ホーネット」の前作であるJADE。1991年3月から販売開始され、1996年に後継車両「ホーネット」が販売され始めたことから生産終了となった。名前の由来は英語で宝石の「翡翠(ヒスイ)」を意味し、宝石のように愛着が湧くという思いが込められている。1990年に販売されたCBR250RRと同型エンジンを搭載していて、シンプルなバイクデザインであることから、想像以上の走りをするジェイドは今でも隠れた人気があります。

4-1.JADEのスペック

メーカー  HONDA
車体形式  MC23
エンジン  MC14E
水冷4ストローク DOHC 4バルブ 直列4気筒
最高出力  40PS/14,000rpm
最大トルク 2.4kgf・m/11,000rpm
車両重量  161kg
乗車定員  2人
燃料タンク 14L
燃費          38.0km/L

4-2.おすすめするポイント&解説

・ネイキッドバイク中でもシンプルで扱いやすい。

・ネイキッドの方でありながらスポーティな走りに特化している。

・コンパクトで取り回しも抜群に良い。

JADEの魅力はTHE250ccネイキッドバイクというところにあると思います。余計なカウルもつけず、オールラウンダーな走りができる印象を与えつつも、本性はスポーツバイクのようなお化けマシンです。バイクの練習のつもりで買おうもんなら、その性能にほれ込んで愛着が湧くことでしょう。まさにJADE(翡翠)の宝石のような1台です。

4-3.JADEの価格相場

JADEは1991年~1996年という5年間しか販売していなかったこともあり、現在では台数がかなり減っているようです。2018年現在では全国で65台ほど(グーバイクより)。もし探すとなると少し苦労するかもしれません。

JADE中古での参考価格:23万~

販売終了してから20年たつ今でも価格は20万円台を維持するほど人気だったことがうかがえますね。

5.XELVIS(ゼルビス)

ゼルビス

XELVISはホンダV型ツインエンジン搭載のハーフカウルタイプのネイキッドバイクです。このバイクの特徴はV型ツインエンジンを搭載したモデルという面とツアラー使用を彷彿とさせるハーフカウルのビジュアルだ。VTRとは違いネイキッドに近いオールラウンダー性とフルカウルのようなスポーティな走りができるのが多くの人を魅了した1台。

5-1.XELVISのスペック

メーカー  HONDA
車体形式  MC 25
エンジン  MC15E型 249cc 4ストローク
水冷4ストローク DOHC 4バルブ V型2気筒
最高出力  36PS/11,500rpm
最大トルク 2.6kgf・m/8,500rpm
車両重量  172kg
乗車定員  2人
燃料タンク 16L
燃費          40.0km/L

5-2.おすすめするポイント&解説

・ネイキッドバイクの中でも高い積載性能

・V型ツインエンジンの力強い走り

・250ccには見えない車体サイズ

XELVISは1991年~1992年とわずか1年しか販売されていない希少車種。ゼルビス販売当初はネイキッド最盛期の頃。ネイキッド・フルカウルとどちらにも属さなかったXELVISは、ライダーたちの心をつかめず生産が終了してしまった。

しかし、バイク時代の流れの変化によって積載性抜群、V型ツインエンジン搭載と実用性の高さが評価され、コアなライダーたちから愛されるバイクとなった。

ゼルビスはその250ccとは思えない車体サイズ。遠出のツーリングをメインにやる人が250ccバイクに乗り換えるなら、ゼルビスのような希少車種を探すのもアリだと思います!

5-3.XELVISの価格相場

ゼルビスは中古車でしか手に入りません。1年しか販売されてないことから、現在の販売台数は全国で30台ほどになります。(グーバイクより)

XELVIS中古での参考価格:7万円~

6.まとめ

Hondaの250ccネイキッドバイクということをフォーカスして紹介させていただきました。バイク初心者の人からすると、すべて同じバイクに見えますが、1台1台個性を持ったバイクなんだということが分かってもらえたらと思います。

バイクにはまだまだあなたの知らない個性あふれるバイクがいます。その時はまた別のページでご紹介出来たらと思います。

今回紹介させていただいて、あなたのバイク選びの参考と、バイクへの興味が湧いたら幸いです!

では、事故の無い楽しいバイクライフをお過ごしください~♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする