【知ってほしい】被災地を助けたい。あなたにできる2つの被災地支援!

支援活動

西日本を襲った平成30年7月豪雨。今回の豪雨で被災地を助けたいと思っている方は多いと思っているはず。決して他人事ではない、あなたにできる2つの被災地支援の方法をご紹介します。

 

 

 

1.被災地は危険と隣り合わせ。まずは募金から始めてみる。

赤い羽根共同募金

映像を見て「自分にも何か手助けはできないか?」そう思えたあなたは、ものすごく立派です。普通の人なら、「現状を知って関心が逸れる」状態で止まってしまうのですから、あなたのその気持ちは大切にして下さい。

今すぐにでも被災地に向かって支援作業に入りたいといっても、あなたにも自分の生活があります。

「被災地の支援活動に数日行ってくるので出社しませんが給料は下さい。」

と言って、

「よし分かった。」

という会社が少ないのも、悲しいですが事実です。

そこで、思いはあるのに被災地に向けた支援ができないとは思ってほしくありません。

あなたの想いが止まってしまったら、「現状を知って関心が逸れる人」と同じになってしまうからです。

そんな時に考えていただきたいのが募金活動です。

被災地にはあらゆるものが足りていません。

お金・人手・食料・生活環境

これらすべてを解決できる手段が募金支援です。

募金で集められたお金で、

・食料の確保及び運搬

・医者や工事業者による環境整備

・被災地の復興支援

募金で集められたお金を被災地以外のところで使い、支援活動を行うのです。

募金活動に協力しない人というのは、募金をしたけれど目に見えて支援した気がしないと感じ、募金しないのがほとんどです。

だからあなたには募金をする前に、お金の使われ方をよく知っておいてほしいのです。

決して自分には目に見えてメリットはありません。ですが、あなたの想いとお金は被災地への支援に必ずつながるということを理解してほしいのです。

被災地への支援を行っている募金団体

もしこの文を読んで募金を考えているようでしたら下記の団体に募金を申し込んでください。

赤い羽根共同募金※クリックするとサイトに飛びます

 

 

2.実際に被災地へ。災害ボランティア活動に参加。しかし・・・

災害復興ボランティア

<出典:両丹日日新聞

被災地では復興にあたり大規模なボランティアが必要とされます。

配給の手伝いや、住民の家の清掃作業。避難所の環境整備など、決して楽とは呼べない作業が山積みです。しかし人手が足りず復興が進まないのもまた事実。協力できる人がいれば是非手伝っていただきたいと思います。

しかし、ボランティアに当たって注意すべき点が多くあるのを知っていただきたいです。

1.ボランティア受付状況

被災地は他人の助けを必要としています。ですが今は自分たちのことで手一杯なところもあります。甚大な災害なため、ボランティアを受け付ける手続きや管理体制が整うのに時間が掛かったりします。

まずは、ボランティア団体の受付最新情報を手に入れるところから始めてください。

社会福祉法人 全国社会福祉協議会※クリックするとサイトに飛びます

 

2.ボランティア作業する環境を知る

被災された地域では普段の生活している環境とは決して思わないでください。被災地はいつ2次災害が発生するか分からない状況なのです。

雨による土砂滑り。土砂や洪水による感染症の蔓延。常に危険と隣り合わせなのです。

相手を助けるという気持ちも大事ですが、自分も無事にミッションを達成できるように最善を尽くす知識が必要だということを知っていただきたいです。

 

 

まとめ

あなたにできる被災地支援について紹介させていただきました。被災地ではボランティアを受け付ける体制が整っていないことから、復興には時間がかかることが予想されます。この記事を読んで少しでも参加される方が増えていただけると幸いです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

是非ほかの記事も読んでみてください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

Comments are closed.