【紀州のドン・ファン事件】ドン・ファンって何なのか気になったww

野崎幸助

紀州のドン・ファンこと野崎幸助(のざきこうすけ)さんが不可解な事件に巻き込まれたニュースが話題になっていますね。その中で言われる「ドン・ファン」とはいったい何なのか気になって調べてみました。あなたは知っていますか?

 

 

 

「紀州のドンファン」野崎幸助さんは何者?

野崎幸助

<出典:ホウドウキョク

テレビをつければ野崎さんに関する不可解なニュースが、連日取り上げられていますね。その中で「紀州のドンファン」というワードが気になるところではあるのですが、そもそも野崎さんという人を知りません。

 

人に聞くと、「かなり有名だよ!」なんて言われてしまい、少し困惑しましたね^^;

 

なのでまずは野崎幸助さんについて紹介します。

 

野崎幸助さんのプロフィール

名前:野崎幸助

生年月日:1941年(昭和16年)

出身地:和歌山県田辺市

年齢:享年77歳

鉄屑拾い、訪問販売員、酒類販売業、不動産業、金融業と数多くの事業を手掛け資産家に上りつめた、まさに「人生の成功者」的存在。

鉄くず拾いから始めて、資産家まで上り詰めるなんて相当なやり手だったんでしょうね!

 

さらに私的に驚きだったのが、本を出版されている事。しかもそのタイトルが、

 

「紀州のドン・ファン 美女4000人に30億貢いだ男」

 

野崎さんそっちもやり手だったのですか・・・

 

お金があれば愛も買えるんですね・・・なんて少し思ってしまいます。

 

話をを戻しますと、野崎さんはお金有り、女性有りのパラダイスな生活をしていたわけです。

 

次に気になるのが、本のタイトルにも出てきた「紀州のドンファン」。一体この言葉は何なんでしょうか?

 

 

野崎さんの「紀州のドン・ファン」とは?

ドンファン

<出典:NEVERまとめ

気になる「紀州のドンファン」についてですが、ポケモンじゃないですよ?

「ドン・ファン」とは

ドン・ファンは、17世紀スペインの伝説上の放蕩児(自由人)、ドン・フアン・テノーリオのことで、プリボーイの代名詞として使われる。

元になった伝説は簡単なもので、プレイボーイの貴族ドン・ファンが、貴族の娘を誘惑し、その父親(ドン・フェルナンド)を殺した。その後、墓場でドン・フェルナンドの石像の側を通りかかったとき、戯れにその石像を宴会に招待したところ、本当に石像の姿をした幽霊として現れ、大混乱になったところで、石像に地獄に引き込まれる。

<出典:Wikipedia

紀州は今の和歌山県の南部地方の事なので、「紀州のドン・ファン」。

 

すなわち紀州のプレイボーイということになりますね!

 

4000人の女性に貢いでるくらいのやり手だったとのことですから、ドンファンとあだ名がつくのは納得ですね。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?ドンファンについて理解できましたか?少しニュースの話題が気になるようになるのではないでしょうか?

 

野崎さんの事件は世間を大変賑わせていますから、少し気になりますね。これからも注目してまいりたいと思います!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

是非ほかの記事も読んでみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る